地域の皆様の健康に貢献し明るい社会を目指します。

                                      
トップページ      料  金     アクセス     お問い合わせ     ご感想    
 
 脳脊髄液

□ 「脳脊髄液」って何? 

 脳脊髄液は、文字通り脳と脳から延びる脊髄(神経の束)を外部 の機械的な衝撃から護るために、頭蓋骨や背骨の中を通る硬膜とい う袋の中を満たす液体を指します。
 脳脊髄液の概要は、次のとおりです。

 脳脊髄液の概要

● 役   割 : 脳・脊髄の保護・免疫・代謝物質の排出
● 形態・成分 : 水様、透明、タンパク質、糖質、 弱アルカリ性
● 脳脊髄液量: 脳室内 + 脊髄くも膜下内 ≒ 130ml
● 生成と吸収: 脳室内の脈絡叢で生成(500ml/日)され、脳表
          面のくも膜顆粒で吸収されます。
          しかし、脳脊髄液の生成量に比べ、膜顆粒での吸
          収量は半分程度しかないため、リンパ系で吸収さ
          れているとの説もある。いずれにしろ、現代の医
          学では解明されていないようです。

● 循 環 : 一時呼吸と呼ばれる頭蓋骨と仙骨の屈曲・伸展運動


□ 一時呼吸

 一時呼吸は、一般的には認知されていないが、血液循環の脈拍や
肺呼吸の様に一定のリズムで屈曲・伸展する脳脊髄液循環のリズム を指します。

 一時呼吸がどの様な原理で発生しているのかは、現代医学でも解 明されていませんが、平均6〜12回/毎分で動き、生まれてから 死ぬまで生涯継続し続けます。

 一説では、脳脊髄液は、脳内にある第3脳室と第4脳室の脈絡叢 で湧水の様に血液から産生され、頭蓋骨内を膨張させ、一定圧まで 脳内圧力が上昇すると脳脊髄液の産生を停止または減少し、頭蓋骨 の弾性で頭蓋骨は収縮をし脳脊髄液を循環させます。脳圧が一定圧 まで低下すると再度、脈絡叢が脳脊髄液の産生を始めるという動作 を繰り返し一時呼吸を形成しています。

 脳脊髄液は、脈絡叢によって一日平均500ml程度を産生するが 大脳表面にある静脈顆粒で吸収される量は産生量の半分程度しかな い。そのため、残りの脳脊髄液は脊髄から延びる各神経線維に沿っ て循環し終末でリンパ系へ流されると推定される。もし、脳脊髄液 のこの循環が頭蓋骨や各内臓器官等で詰まるなどして滞ると循環が 悪い部位の機能は低下し凝りや疼痛を起こすことも考えられます。


□ 脳脊髄液が一因となる疾患との関係について
  難聴・メニエール・めまい・頭痛・吐気
 脳脊髄液の循環が悪化すると脳圧が上昇したり、内臓や筋骨格に 機能不良等が起きやすくなります。例えば、「難聴」は脳圧が上昇 することで内耳の内リンパ液の圧力も増加して、聴覚を司る有毛細 胞に影響を与え聴力低下の一因となっている場合もある。

 臨床においても、脳脊髄液の循環を良くすることで聴力の改善が 見られるケースがあります。また、メニエール病に関する症状にお いても、身体の機能を上昇させることで予防できる可能性が高いと 考えられます。

 脳脊髄液の循環を改善することで、決して、全ての疾病を改善さ させることは出来ないかもしれませんが、現代医学においても疾病 の原因がハッキリしているものは多くはなく、未だに人体の秘密が 分かっていないのが事実です。

 脳脊髄液の循環を良好にしても身体には全く害は無いので安心し て施術を施すメリットがあります。




Copyright © 2014 加茂カイロプラクティック All rights reserved.
inserted by FC2 system